「あなただから任せる」と言われる ディレクターになりたいですね。

事業企画本部 
ITソリューション事業部ディレクション課
2018年 中途入社

PROFILE

好きなこと
食べること、寝ること
休日の過ごし方
漫画を読む、美味しいものを食べる
マイブーム
人間観察

Before 入社前の私

私は、エナジールに入社する前、アパレル販売員として百貨店で接客業を行っていました。
前職が活きていることは、電話対応、話し言葉、提案力、対応力という部分です。
その中でも特に、「自分に付加価値をつけてご提案する」という部分は活きていると感じています。

ディレクション課はお客様と直接やり取りすることが多い部署なので、販売員や接客業の経験がある方はディレクターに向いているのではないかと個人的に感じます!

Change 入社して変わったこと

入社して大きく変わったところは、短所の克服です。
前職で活きていることとして「自分に付加価値をつけてご提案する」を挙げましたが、それは自分が長けているポイントであり、同時に足枷でもありました。

購入がゴールの販売員時代は、自分が発する「決め手の一言」が重要だったのでその能力を磨いていましたが、ディレクターは違います。
いかにクライアントの意見、想いに共感し反映させるか。
更に結果を出すということが重要視されるポジションです。
集客をしたい、知名度を上げたい、求人を行いたいなどニーズは様々です。
自分が経験したことのない事柄に共感するのは、簡単なようで実はとても難しく、壁にぶつかることが多くありました。

私が壁を乗り越え、短所を克服できたのは、「自分の長所を活かしながらより良い方向に向かうためには何が必要だろう?」と課長が一緒に考えてくださったお陰です。

今では、一人前のディレクターになるために、様々な業種の方と関わり十人十色を実感し、壁にぶつかることは必要不可欠な出来事だったと感じています。

具体的に短所を克服しできるようになったことは、先を見据えたご提案です。
例えば、【外壁塗装、地域密着型、集客(主に主婦層)したい】という業種の方が、サイト全体に赤色を使用したいと仰った時。
以前なら限りなくご要望にお応えするために、でき上がったデザインを基に「全体の色味バランスを見ながら、赤色はポイントで使用しています。」とご提案していました。
今だと、「赤色を全体に使用すると威圧感が出てしまうのでポイントで使用する程度はいかがですか?」と先にご提案ができます。
受け身からのご提案と、プロとして先を見据えた先手のご提案、この違いが私の中では大きな変化であり、成長へと繋がりました。

入社して2年経過した今は更なるステップアップのため、実際に塗装を経験してみたり、ユーザーとしてサービスを受けてみたりなど、クライアントの仰る事を瞬時に理解できるように日々勉強をしています。

Vision 今後のヴィジョン

今後は「あなただから任せる」と言われる部分を増やしていきたいと考えています。
ディレクション課は、部の中でも特に個性が強い人達が集まった課だと感じています。
「みんな違ってみんないい」をモットーに、今日も課内でお補い合いながら業務をこなしているので、その中でも自分が特化している部分を磨き、さらに派生させ、任せられる仕事を増やしていきます。
また、他課の方からも「あなただから」と任せていただくようなディレクターを目指します。

ENTRY

Enazealのこと、もっと知りたい!聞いてみたい!
オンラインでの面談・面接も受け付けています

今すぐエントリーする

ページの先頭へ